関心高く問い合わせ次々 「GoToイートしまね」開始

 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた飲食店を支援する国の「Go To イート」について、特典付き食事券の販売、利用が5日、島根県内で始まった。松江市内の食事券事務局には同日朝から問い合わせが相次ぎ、関心の高さをうかがわせた。

 「Go To イートキャンペーンしまね」は、販売価格4千円で5千円分利用できる食事券を、コンビニエンスストアのローソン(全国)で販売。県内の登録店で使え、利用期限は来年3月末とする。食事券は500円券10枚つづりで、1回あたり5冊まで、回数の制限なく誰でも購入できる。

 松江市朝日町に設置された同キャンペーン食事券事務局では、販売開始の午前10時になると利用希望者からの電話が次々と鳴り、スタッフが対応に追われた。食事券の購入方法や利用できる店舗の照会、「Go To トラベル」の地域共通クーポンと併用できるかといった問い合わせがあったという。

 同事務局の宮木敏行さん(47)は「ようやく販売初日を迎えることができた。大勢の方に利用してほしい」と話した。

 同事務局によると、11月4日時点での県内登録店舗数は1132店。販売初日(午後6時時点、隠岐地区除く)は計1万700冊が売れた。

2020年11月6日 無断転載禁止