コロナ新体制、医療現場で混乱も

発熱患者の検体の持ち込みに備えて、準備を進める看護師=松江市西嫁島2丁目、松江地域検査センター
 新型コロナウイルスと季節性インフルエンザの同時流行に備える新しい医療体制が2日、島根県で本格的に始まった。国の要請に添った措置で、県の相談窓口などを経由し、かかりつけ医など約200機関で検査や診察を受けられるようになったが、受け入れ体制の整備状況には差がある。現場からは行動歴や症状を加味した上で、発熱患者を県が適切に割り振るべきだとの声が上がった。今後の流行期に向けて、試行錯誤が続きそうだ。

 「2週間前に大阪に行った息子が、40度の高熱を出している。県のコールセンターから紹介されたので、受診していいか」

 2日午前11時ごろ、県の指定を受けて発熱患者の診療を始めた松江市内の内科医院は、この電話に凍りついた。発熱患者に来院歴はなく、近所だったため紹介先に選ばれたいう。

 この日は午前8時半から正午までに83人が来院し、インフルの予防接種の希望者でごった返していた。医師は60代の院長1人しかいない。同医院に発熱患者専用の診察室はなく、電話での問診を想定していた。

 紹介された患者はコロナへの感染が強く疑われるとして、診察は困難と判断。患者に再度、県の窓口に相談するよう案内した。

 院長は「可能な限り診察したいが、今回のケースは診療所でできる範囲を超えている」と憤り、患者の適切な振り分けを求めた。

 県は感染者との接触が強く疑われるか、基礎疾患があり重症化の懸念がある場合は、かかりつけ医ではなく、受け入れ体制が十分に整った総合病院などを紹介するという。県薬事衛生課感染症グループの宮本毅グループリーダーは、今回のケースが基準に該当するか不明としつつも「不備があれば、その都度改善を図りたい」と話した。

 新型コロナの検査を集中的に担う「松江地域検査センター」(松江市西嫁島2丁目、市医師会館敷地内)には2日午後5時時点で、松江市内の医療機関から紹介された患者2人が訪れ、ドライブスルー方式で検体を提出した。市によると、時間を決めて患者を案内しており、目立ったトラブルはないという。

2020年11月3日 無断転載禁止