女子ログ そこまで食べる?

 独身の1人暮らしが長かったせいか、夫にとって自炊する食事は、まずは作る手間がかからないシンプルものが一番。そして、とにかくおなかいっぱいになればいいものらしい。そうなってくると、一つの鍋で一気に作れるカレーやシチュー、ゆでればすぐに食べられる麺類などになっていったようだ。

 要するに「糖質オフ」なんて無縁の世界だ。休日の昼間など、たまに料理を作ってもらうことがあるのだが、「好きなメニューでおなかを満たしたい」という欲求が働いて、かなりの量を作ってくれる。残せるものは晩ご飯へ回せるので手間が省けるのはありがたい。ただ、夫の満腹感に付き合うのは気が進まないので、ほどほどで、箸を置くことになる。

 そんな夫が大好きなのが卵かけご飯だ。私の実家では出なかったメニューだが、夫の場合、毎日部活動で汗を流して腹をすかせていた中高生の頃、必須のメニューだったという。おかずをほぼ食べ尽くしても、まだ、もう一杯ご飯が食べたい、そんなときには冷蔵庫から生卵を取り出し、しょうゆを持ってきて自分でぱっぱっと作ってしまう。

 「卵は栄養のバランスもいいからね」と言う夫だが、ちょっと待って、そこまでに食べた総カロリー数を考えているの?と心配になる。

(浜田市・ピオーネ)

2020年10月6日 無断転載禁止