女子ログ 家族そろって

 自分が子どもの頃は、ドラマとか、バラエティーとか、特定のテレビ番組を家族全員で視聴するなんていることは、よくあった話だが、最近はそういう体験はなくなっていた。夫、私、娘それぞれが同じ番組を見たいなんていうのはなかったからだ。

 その例外となる番組が27日で最終回となったTBS系のドラマ「半沢直樹」。7年前は誰も見ていなかったドラマを見るようになったきっかけは娘の方だった。池井戸潤さんの小説を原作にした他のドラマを娘が面白がってみていた。私もそれにお付き合いするうちに、一緒になってはまってしまった。

 普段はあんまりドラマを見ない夫も興味がわいたようで、このところ日曜日の夜9時は居間に家族が勢ぞろいすることになった。

 ドラマに出てくる架空の銀行名「東京第一銀行」が気になって「どっかで聞いた事があるなあ」とふと口にした。すると、娘が即座に「『花咲舞が黙っていない』の銀行!」と、池井戸さん原作ドラマの舞台になった銀行の名前だと教えてくれた。

 その昔、「この俳優は誰だっけ」などとしょっちゅう言っていた記憶の曖昧な母に、私は自慢げに「◯◯でしょ!」と言っていた。そうか、今度は私が昔の母の立場になったのか。ちょっと情けなく、一方で、娘がちょっと頼もしく思えた。

 (出雲市・MATUKITI)

2020年9月28日 無断転載禁止