道庁サイトに「大量殺人起こす」 威力業務妨害疑いで書類送検

 札幌・中央署は25日、北海道庁のウェブサイトに「(新型コロナウイルス感染拡大に伴う)緊急事態宣言を再度全国に出さないと大量殺人を起こす」などと書き込んだとして、威力業務妨害の疑いで釧路市の男性会社員(43)を書類送検したと発表した。捜査関係者によると、藤井聡太二冠(18)への殺害予告を日本将棋連盟のサイトに書き込んだとして7月に警視庁に逮捕されていた。

 書類送検容疑は5月29日午後10時ごろ、釧路市の自宅でスマートフォンを使い道庁のサイト内にある問い合わせ入力フォームに大量殺人を起こすなどと書き込み送信し、道庁にパトロールを強化させて業務を妨害した疑い。

共同通信社 2020年9月25日 無断転載禁止