三笠宮妃百合子さまが入院 肺炎と診断、容体は安定

 三笠宮妃百合子さま

 宮内庁は24日、三笠宮妃百合子さま(97)が、肺炎と診断されたため、東京都中央区の聖路加国際病院に入院されたと発表した。百合子さまは皇室最高齢。せきなどの症状があるが容体は安定しており、入院は1週間程度の見込みという。

 宮内庁によると、百合子さまは数日前からせきや体のだるさといった症状が続いた。この日は、月1回の定期健診で病院を訪れ、肺炎と診断されたため、そのまま一般病棟に入院した。投薬で治療の方針。

 百合子さまは2019年1~2月、インフルエンザのため入院。今年2月には右目の白内障手術を受け、大事を取って数日間入院した。

共同通信社 2020年9月24日 無断転載禁止