暴行疑いで障害者施設職員逮捕へ 北海道警、江差町で家宅捜索

 北海道警が家宅捜索に入った障害者支援施設=24日午前、北海道江差町

 北海道警は24日、江差町の社会福祉法人江差福祉会の障害者支援施設「あすなろ学園」で職員が入所者を暴行した疑いが強まったとして、家宅捜索した。職員2人から事情を聴いており容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 捜査関係者によると2018年に職員が入所者に暴行した疑いがもたれており、道警が調べていた。

 同学園のホームページによると、原則18歳以上の知的障害者が入所して共同生活や作業をする定員40人の施設。

共同通信社 2020年9月24日 無断転載禁止