山陰合同銀、野村証券と包括提携 新たな金融サービス開始

開設した山陰合同銀行松江コンサルティングプラザで業務を始めた行員=松江市朝日町
 山陰合同銀行(松江市魚町)と野村証券(東京都)の包括提携に基づく金融商品仲介業務が23日、スタートした。野村証券の地方銀行との包括提携は全国1例目で、店舗網、顧客基盤を持つ山陰合銀と、豊富な商品、ノウハウを持つ野村証券が双方の強みを生かした金融サービスを展開する。

 連携業務を担う組織として同行が新設したアセットコンサルティング部は143人体制で、うち88人が野村証券からの出向者となり、一体となって営業活動を行う。10月末に予定するごうぎん証券の閉鎖後は、さらに約50人を増員する。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月24日 無断転載禁止