台風12号、関東に接近へ 大雨恐れ、土砂災害警戒

 台風12号の予想進路(24日0時現在) 台風12号の予想進路(23日21時現在) 台風12号の予想進路(23日18時現在)

 台風12号は日本の南から北上を続け、25日にかけて伊豆諸島から関東の東を北東に進む見込みとなった。台風や、活動が活発化する秋雨前線の影響で大雨の恐れがあり、気象庁は23日、土砂災害に厳重な警戒を呼び掛けた。

 台風の進路は当初の予測より東に変わり、東日本に上陸する可能性は低くなった。

 気象庁によると、台風12号は24日午前0時現在、八丈島の東北東約200キロの海上を時速約30キロで北東へ進んだ。中心気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、中心から半径390キロ以内では風速15メートル以上の強風域。

共同通信社 2020年9月24日 無断転載禁止