小6男児流され意識不明、岐阜 木曽川で遊び中に

 22日午後3時50分ごろ、岐阜県笠松町田代の木曽川で、川遊びをしていた小学6年の高島翔君(12)=同町長池=が流された。高島君は約25分後、流された地点からすぐ近くの川底に沈んでいるところを救助され、病院に搬送されたが意識不明の重体となった。

 岐阜羽島署や地元消防によると、高島君は友人の中学1年の男子生徒(13)と2人で川遊びに来ていた。高島君が先に川に入り、直後に流されたという。気付いた男子生徒が、付近を散歩していた男性に助けを求め、男性が119番した。当時、現場周辺の水深は約3・5メートルだった。

共同通信社 2020年9月22日 無断転載禁止