医療事務クラーク 山陰両県で導入広がる

診察室に同席し、患者の診察記録を付ける医療クラーク(左)=松江市母衣町、松江赤十字病院
 新型コロナウイルスの流行で医療従事者の負担増加が問題となる中、医師の事務作業を補助する「医療クラーク」が注目されている。医師に代わり診断書の作成やカルテの記入、検査や診察のスケジュール調整をこなす事務専門職で、山陰両県でも導入する医療機関が増えている。医師の手から煩雑な事務作業が離れ、診察や手術に専念できることから、働き方改革の観点からも重宝されている。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月21日 無断転載禁止