県警の鑑定官が歯型取り違え 母親の傷害罪起訴取り消し

 滋賀県で昨年9月に乳児の腕にかみつきけがを負わせたとして傷害罪に問われた母親=当時(20)=の公訴(起訴)が取り消された問題で、県警が母親のものとした歯型は、県警の鑑定官が1人で鑑定し取り違えていたことが19日までに捜査関係者への取材で分かった。

 複数の県警幹部が結果を記載した鑑定書の決裁に関わっていたのに誤りに気付かず、鑑定書がそのまま大津地検に送られていたことも判明した。

 県警は再発防止に向け、複数の鑑定官で結果に誤りがないかをチェックすることなどを盛り込んだ内部マニュアルを策定する方針。

共同通信社 2020年9月19日 無断転載禁止