拉致問題「早期解決を」 市川さん兄、新政権に注文

 鹿児島県で北朝鮮に拉致された市川修一さん=失踪当時(23)=の兄健一さん(75)が17日、霧島市の国分中央高で講演し「拉致問題を身近な問題として捉えて」と訴えた。菅新政権には「一刻も早い解決を」と注文した。

 講演には全校生徒ら800人が参加。健一さんは、菅義偉首相や拉致問題担当相兼務の加藤勝信官房長官が拉致問題に長く取り組んでいることから期待を示す一方で「安倍政権で解決すると言われていたのに」と無念さをにじませた。

 健一さんは新型コロナウイルス禍で講演や署名活動を自粛してきたが、若い世代に知ってもらいたいとの思いから再開した。

共同通信社 2020年9月17日 無断転載禁止