広い範囲で大雨の恐れ 前線の影響で大気不安定

 前線が北上する影響で大気の状態が不安定となり、西日本から北日本では18日にかけて大雨になる恐れがあるとして、気象庁は17日、土砂災害や河川の増水、低い土地への浸水被害を警戒するよう呼び掛けた。竜巻などの激しい突風やひょうにも注意が必要としている。

 気象庁によると、西日本から伊豆諸島を通って東に延びる前線が北上。18日には北日本の太平洋側で低気圧が発生し、北上する前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、大気の状態が非常に不安定になるところがある。

共同通信社 2020年9月17日 無断転載禁止