紙芝居で英語学んで 迷子猫の実話題材

長岡秀人市長ら市執行部の前で英語紙芝居を披露するメンバー
 旅行中に島根県出雲市内で行方が分からなくなり、その後、住民の協力により同市内で発見された三毛猫「フク」を主人公にした紙芝居の英語版が14日、市教育委員会に贈呈された。紙芝居54組が市立小中学校と出雲中央図書館などに贈られ、英語教育に役立てられる。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年9月16日 無断転載禁止