来夏の甲子園、8月9日開幕 開催へ準備、春は3月19日

 2020年甲子園高校野球交流試合の全日程を終え、スコアボードに表示されたメッセージ=8月、甲子園

 日本高野連は9日、大阪市内で来年の甲子園大会の運営委員会を開き、春の第93回選抜高校野球大会が3月19日、夏の第103回全国高校野球選手権大会を東京五輪閉幕の翌日となる8月9日を開幕日とする日程を決めたと発表した。新型コロナウイルスの収束が見通せず、今後の状況は不透明だが、準備を進めていくとしている。

 選抜大会は準々決勝と準決勝翌日の休養日2日間を含む、13日間で実施。出場校は例年通り32校で、一般選考が28校、21世紀枠が3校、神宮大会枠が1校。地区別の内訳は、北海道1、東北2、関東・東京6、北信越2、東海2、近畿6、中国・四国5、九州4。

共同通信社 2020年9月9日 無断転載禁止