松江シティ、青森に完敗 好機生かせず無得点

【第19節・松江シティFC-ラインメール青森】相手DFと激しく競り合う松江シティFCのMF田平謙(右)=新青森県総合運動公園球技場(松江シティFC提供)
 日本フットボールリーグ(JFL)は6日、第19節5試合があり、松江シティFCはアウェーの青森市の新青森県総合運動公園球技場でラインメール青森に0-3で敗れ、連勝は2で止まった。通算3勝2敗。勝ち点9で並ぶ他の2チームを得失点差で下回り、暫定4位となった。

 前半はMF田平謙やFW馬場悠がシュートを放ったが決められず、同27分に先制を許した。その後もゴール前に迫り好機をつくったものの無得点。同45分に追加点を奪われると、後半も流れを変えられず、ロスタイムに3点目を失った。

 第20節は13日、ホームの松江市営陸上競技場でヴィアティン三重と対戦する。



 ▽第19節(6日・新青森県総合運動公園球技場)

 ラインメール青森 32-00 松江シティFC

    (3)    1-0    (9)

 ▽得点者【ラ】行武大希、太田康介、和田響稀

2020年9月7日 無断転載禁止