女子ログ 開き直る

 もう少し若い頃は、頻繁に東京や、時には海外に行ったりしてスキルアップしたり、どっちがついでか観光したり、出掛けていくことで刺激を受け、楽しみ、そうすることで気持ちを鼓舞させていた。

 それがここ数年、何だか意欲が湧いてこなくなっていた。身体の衰えとともに気持ちも変化して不安が先に立つようになってしまった。勉強や旅行に行きたいけど経費がかかる。そんな心配をせざるを得ない自分がふがいなく思えて焦ったり、なんだか行き詰まったりしていた。そんな時コロナ自粛が始まり、最初は自分の仕事も生活も立ち行かなくなるかとさらに不安になった。

 ところが現地に行かないと受けられなかった講座がオンラインで開講されることが増えて、自宅に居ながら参加できる。私にとっては実にありがたい今日この頃に思えてきて、なんだか意欲が湧いてきたぞ。それに、どうせどこにも行けないと思うと、諦めもついて焦らずに済むし、今できることをするしかないと開き直ってきた。思いがけずコロナ禍の恩恵とでも言うべきか。

 できないとなるとやりたくなったり、本当に必要かどうか見直したり、私だけじゃなくたくさんの人にとって、働き方、考え方、生き方まで、ともすれば社会システムまで変わる契機なのかと思う。あんまり長引くとまた不安になりそうだけど、希望を見つけていきたい。

(松江市・流流)

2020年7月31日 無断転載禁止