阪神4試合の入場券は上限5千人 甲子園で21日から31日まで

 阪神は2日、甲子園球場で21日から31日まで行われる4試合の入場券の販売方法などを発表し、入場者数は全試合で5千人が上限となった。

 10~19日の9試合と同様に年間予約席の契約者、ファンクラブ会員に向けて先行発売する。16日からはインターネットによる一般販売を実施。新型コロナウイルス感染拡大の防止策として、座席の間隔を空けて販売する。

共同通信社 2020年7月2日 無断転載禁止