米子のプラネタリウム、リニューアルオープン

投影機と内装が一新された米子市児童文化センターのプラネタリウム
 鳥取県米子市児童文化センター(米子市西町)のプラネタリウムが28日に、リニューアルオープンする。約9500個の星を映し出し、月食や夕日の色の変化も再現できるようになった。同館スタッフは「本物のように美しい星空をゆっくりと楽しんでほしい」としている。

 新プラネタリウムでは、天の川を高精細に再現できる最新の光学式機材を採用。星空に朝・夕焼けや街の景色を重ねることができるほか、宇宙空間にいるような感覚を味わうことが可能なシステムも導入した。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年6月28日 無断転載禁止