レッツ連歌(要木木純)・6月25日付

(挿絵・Azu)
〇縁側でタマに邪魔だとひっかかれ

やっぱりいいね在宅勤務は  (松江)本田 文夫

守りなさいよソーシャルディスタンス
              (益田)吉川 洋子

〇クロスワード退屈したらやってみて

巣ごもり生活必須アイテム  (益田)可部 章二

本屋の棚は全部売り切れ   (出雲)石飛 富夫

〇本当は感謝感謝の気持ちです

何事もなく終わる父の日   (出雲)栗田  枝

〇面倒と思いながらも巻き込まれ

とどのつまりの一杯の酒   (益田)石田 三章

多少のもつれをほどく快感(隠岐の島)大田 有子

私のダンナは友のモトカレ  (雲南)ワタくんの爺

夫婦げんかに興味津々    (出雲)吾郷 寿海

〇最初から名乗れば誰も傷つかぬ

たった十円されど十円    (浜田)勝田  艶

〇あの世でも使ってみたい電子マネー

この取説は何もわからん   (江津)江藤  清

〇住み着いた親子狸が縁の下

今夜は鍋にしよう婆さん   (飯南)塩田美代子

〇大丈夫必ずハッピーエンドです

どうなるかしら私の人生   (松江)川津  蛙

あんた本当につまんねえやつ (江津)花田 美昭

池に沈まぬ占いの紙     (出雲)行長 好友

〇おじいさん最期の頼みぜひ言って

後悔しても今さら遅いわ   (松江)狩野 和子

埋蔵金をどこに隠した    (松江)田中 堂太

〇古稀すぎてやっとお世辞が言えました

心の底はいまだあかさず   (江津)井原 芳政

憎まれ口も磨きがかかって  (安来)石川 泰章

〇割れ鍋にこれほど似合うフタはない

オレのことかいお前のことかい(雲南)横山 一稔

〇母校での講演依頼引き受けて

前に陣取る家族親戚     (江津)岡本美津子

〇押し入れにトイレットペーパー山とあり

集めた雑誌全部出されて   (出雲)放ヒサユキ

〇若かった甘い言葉にだまされて

嫁もないのに建てた新築   (松江)宮本朝陽香

〇園児らが遠回りする散歩道

鎮守の森にできた蜂の巣   (益田)石川アキオ

〇縄のれんくぐってみたいときもある

別れた妻がママさんをする  (安来)尾木 敬子

明日のことなど誰も知らない (米子)板垣スエ子

〇おーいお茶おーい新聞おーい飯

今日はビールはいらないのかね(安来)根来 正幸

ハイハイハイハイあなたはどなたじゃ
              (大田)内田由美子

〇女子会の今日のテーマは嫁姑

飲んで歌って泣いて笑って  (出雲)岩本ひろこ

もうそんなのはなくなるでしょうね
              (浜田)滝本 洋子

〇目が覚めて夢だったねと笑えたら

開けてしまったパンドラの箱 (松江)澄川 克治

ステイホームで身についた肉 (松江)桑谷  夢

〇子供らが泣き出すほどの読み聞かせ

墓の中から赤んぼの声    (松江)庄司  豊

〇あれこれと回覧板に載せてゆき

去年のネタに誰も気づかず  (松江)山崎まるむ

〇朝昼晩郵便受けを点検し

シジュウカラの子無事に飛び立ち
              (松江)高木 酔子

 文夫さんの下句はもと「在宅勤務」でした。前にもいいましたが、短句の下の七字(拍・音節)は、四拍+三拍(ザイタク+キンム)では、リズムが悪い。そこで、「は」を加えて、四拍+四拍の形に変えました。むしろ、吉川洋子さんのように、字余りの方がいいのです。ワタくんの爺さんの句はもと「友のモトカレ私のダンナ」でしたが、上下を逆にして、三拍+四拍で終わらせました。和子さんも「今さら遅い」に「わ」を付け加えました。ひろ子さんは、もと「笑って泣いて」。添削前と添削後を比べてみてください。また、ほかの方の作品も、ぜひ、音読して、リズムの良さを体得してください。リズムを良くしようと思うと、不思議なことに、面白い発想や表現もそれにつれて湧き出てくるものなのです。

 次は、入選句を前句にして、長句五七五を付けてください。長句ですので、今日述べた拍のことは気にしなくてもいいですよ。

 7月第5週は、黒田光さん担当の、レッツ連歌スペシャルです。

 土曜の夜と日曜の朝に長句五七五を付けてください。

(島根大教授)

2020年6月25日 無断転載禁止

こども新聞