プロ野球、1軍全選手の陰性確認 開幕前にPCR検査

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 プロ野球は18日、西武、ソフトバンク、楽天の3球団が新型コロナウイルスの感染を調べるPCR検査の結果を発表し、19日のセ、パ両リーグ開幕を前に12球団の1軍の選手、監督、コーチ、スタッフの全員が陰性と確認された。

 西武は13日と16日に検査を受けた選手、監督、コーチ、スタッフの全195人が陰性だった。楽天も選手、監督、コーチ、スタッフ、球団職員の全176人が陰性と判定された。

 ソフトバンクは16日までに検査を受けた支配下選手、監督、コーチ、スタッフの陰性を確認。2軍の首脳陣とスタッフ、育成選手の8人は22日に検査を受ける予定。

共同通信社 2020年6月18日 無断転載禁止