巨人・坂本、開幕1軍に コロナから復帰「感謝して戦う」

 開幕に向けた練習中、笑顔を見せる巨人・坂本=東京ドーム

 巨人の坂本は開幕1軍に入った。新型コロナウイルスに感染し、10日間の入院、2軍の練習試合を経て東京ドームで行われた1軍練習に合流。打撃練習で柵越えを放ち、守備も遊撃で入念にノックを受けた。球団広報を通じ「まずはチームとして開幕を迎えられることをうれしく思う。いろいろな方々への感謝の気持ちを持ってシーズンを戦う」とグラウンドに立てる喜びをかみしめた。

 原監督は練習を見守り、同じく感染して復帰した大城と合わせて「全く違和感がない」とほっとした様子で話した。坂本の開幕戦での先発出場は本人の判断に委ねるとし、大城はベンチスタートになると明らかにした。

共同通信社 2020年6月18日 無断転載禁止