女子ログ 時間ができたら

 コロナ禍で周囲に異変が起こり始めて約3カ月、あっという間だった。幸いに生計は維持できていて、病院にもかからず済んでいる。それなりの不安はあるが、元気で平和な生活を続けられている。

 降って湧いた空き時間、読まずに置きっぱなしの本や、買ったのは覚えているけど内容を思い出せないCDの整理、大掃除でしか手を付けないような所の掃除などに取りかかった。

 1週間くらいで終わるだろうと思っていたのに、ひと月たっても終わっていない。自分の集中力のなさ、時間の過ぎる速さに驚いた。本を読んだりCDを聞きながら整理したり、床や壁を磨いたりする作業を通して自分の軌跡が見えてくるようで、一つ一つ向き合っていたら意外なほど時間がかかった。買っただけで分かった気になっていた、あるいは軽く拭いただけできれいになった気がしていただけだった。しかもすぐに気が散ってしまう。自分がしてきたことですら、深く認識するには時間と労力が要った。

 となると、日々のニュースを追うにも恐らくさほど理解できていない。でも、物事の理解に時間がかかる自分を知ったことで軽率な言動は多少減り、自分のことも周りのことももう少し大切にできるようになるんじゃないか、と期待している。

(益田市・チャッキー)

2020年6月17日 無断転載禁止