FA資格、登録日数で合意 1・3倍、NPBと選手会

 日本野球機構(NPB)と日本プロ野球選手会の事務折衝が16日、オンラインで開かれ、新型コロナウイルス感染拡大によるシーズン短縮に伴う今季の特例的措置として、フリーエージェント(FA)資格取得に必要となる出場選手登録日数を1・3倍して加算することで合意した。

 FA資格は1軍に145日登録されれば1シーズンとして計算する。今季は143試合から120試合に短縮され、登録可能日数も例年の約190日から約140日に減るため、緩和策を協議していた。選手会は登録可能日数を、NPB側は試合数を基準にするべきだとしていたが、双方が歩み寄った。

共同通信社 2020年6月16日 無断転載禁止