女子ログ おいしい自粛生活

 今年3月、新型コロナウイルスが感染拡大する中、出産を迎えた。それから3カ月たつが、依然として外出にはとても気を使う。さらに2歳と5歳の子どももいるため、緊急事態宣言が解除された現在でも、なかなか自由に出掛けられない。

 そんな中、各飲食店がコロナ対策に始めたテークアウトやデリバリーにとても助けられている。驚いたことに、独身だった10年前に飲み歩いた居酒屋さんも、なじみの飲食店も、最近オープンしたばかりのおしゃれなお店もサービス対象店に名を連ねていた。

 小さい子どもを抱えて、居酒屋はもちろん、普段のランチでもお店でゆっくり食べられない私にとって、これはうれしい誤算。気になっていたけれど、子連れでは行きにくいからと敬遠していたお店の味を、家で気兼ねなく子どもと味わえる。

 コロナのせいで自粛ばかりで、息が詰まりそうな毎日だったけれど、こんな楽しみができるとは。いろいろなお店の味を楽しみながら、もうしばらくはテークアウトでささやかながら支援させてもらおうと思う。そしてできれば、コロナが収まってもこのサービスが残るとうれしいなぁ…とひそかに願っている。

 かくして、わが家の給付金の使い道は、食費に決定! 早く思い切り買い物に行ったり、観光したり、外食したりできる日が来ますように…。がんばろう島根!がんばろう日本!

(松江市・ぽよ美)

2020年6月12日 無断転載禁止