プロ野球、ベンチ入り人数拡大へ 「25」から「26」で負担軽減

 甲子園球場の阪神ベンチ=5日

 プロ野球の今季の出場選手登録枠が29人から31人、ベンチ入り人数が25人から26人に増やされることが8日、球界関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦開幕が遅れたことに伴う日程過密化などで生じる、選手の負担を軽減するのが目的。10日の日本プロ野球選手会との事務折衝で協議し、成立を目指す。

 1日に開かれた選手会との事務折衝で、日本野球機構(NPB)側が提案。選手会も大筋で同意しており、今後は外国人選手枠を広げるかどうかなどの細部を詰める。

共同通信社 2020年6月8日 無断転載禁止