阪神の秋山拓巳、先発枠へ意欲 「奪うくらいの気持ちで行く」

 キャッチボールする阪神・秋山=甲子園(球団提供)

 阪神の秋山拓巳投手が30日、開幕ローテーション入りへ意欲を見せた。首脳陣の期待も高かった高橋遥人投手がコンディション不良で2軍での調整が続き、枠が空いた。甲子園球場での練習後にオンライン取材に応じ「奪うくらいの気持ちで行きます」と言葉に力を込めた。

 安定した制球力で2017年に12勝を挙げたが、ここ2年は5勝、4勝と低迷。紅白戦、練習試合でのアピールが必要だが「意図した球を投げたい。そこをクリアできれば自信を持ってやれる。現状、すごくいい感じで、ブルペンで投げられている」と泰然と語った。

共同通信社 2020年5月31日 無断転載禁止