巨人の田口、ブルペンで27球 開幕に向けペース上げる

 練習する巨人・田口=川崎市のジャイアンツ球場(球団提供)

 開幕ローテーション入りが確実な巨人の田口麗斗投手が29日、川崎市のジャイアンツ球場での1軍練習に参加して、ブルペンで27球を投じた。開幕に備え練習のペースや強度を上げており、球団広報を通じて「調整というより、パフォーマンスをしっかりと上げていきたい」とコメントした。

 昨季は主にリリーフを任され自己最多の55試合に登板してフル回転。7年目の今季は先発を志願し、キャンプからアピールを続けてきた。6月19日に決まった公式戦スタートに向け「コンディションをしっかりと維持して、最高な状態で開幕を迎えたい」と自覚をにじませた。

共同通信社 2020年5月29日 無断転載禁止