中国、香港の治安統制を強化 安全法採択で一国二制度危機に

 中国全人代の閉幕式に臨む習近平国家主席(左)と李克強首相=28日、北京の人民大会堂(共同) 中国全人代で、香港に国家安全法制を導入する「決定」についての投票結果を示す電光掲示=28日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】中国の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第3回会議は28日、香港に国家安全法制を導入する方針を決定し、閉幕した。香港で共産党政権に批判的な言動の取り締まりに道を開く内容で、香港で続く抗議デモを抑え込む狙い。言論や集会の自由が制限される可能性が高く、高度の自治を保障する「一国二制度」は存続の危機に直面した。

 香港市民らによる抗議活動の激化や、米欧を中心とした国際社会の反発は必至だ。

 李克強首相は、同法制導入は「一国二制度を長く持続させ、香港の繁栄と安定を守る」ためだと主張。米国と中国は「互いに相手の核心的な利益を尊重すべきだ」と強調した。

共同通信社 2020年5月28日 無断転載禁止