トランプ氏投稿に初の注意喚起 「言論弾圧」と猛反発

 事実確認の注意を喚起する青いラベル(中央)が付いたトランプ米大統領の投稿=26日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク、ワシントン共同】米短文投稿サイトのツイッター社は26日、トランプ米大統領による郵送投票に関する投稿について、事実を確認するよう注意を喚起する「ファクトチェック」のラベルを付け、メディア報道や専門家の見解を引用し「根拠がない」と指摘した。トランプ氏の投稿にラベルが付けられたのは初めて。

 トランプ氏はツイッターで「2020年大統領選に介入している。完全なる言論の自由の弾圧であり、大統領として許さない」とツイッター社に猛反発した。トランプ氏にとってツイッターは支持者に直接訴える最大の武器の一つ。大統領選に向けても活用している。

共同通信社 2020年5月27日 無断転載禁止