東京、ジム緩和は第2段階 ライブハウスは検討継続

 新型コロナウイルス感染症対策本部会議で発言する東京都の小池百合子知事=26日午後、東京都庁

 東京都が26日に公表した休業要請緩和のロードマップ(行程表)の改定版は、スポーツジムを第2段階、接客を伴わないバーやカラオケ店を第3段階に位置付けた。ライブハウスやキャバレー、ナイトクラブについては結論を持ち越し、検討を続ける。

 都は3段階のロードマップを策定し、26日から博物館や美術館、図書館などを対象とした第1段階「ステップ1」の緩和を実施。当初はジムやカラオケ店などの業種についてはクラスター(感染者集団)の発生歴やリスクを考慮し、全面解除後に営業を再開する施設としていたが、政府が25日に方針を示したのに伴い、区分を変更した。

共同通信社 2020年5月26日 無断転載禁止