大山、登り下りルート変えて 感染対策指針策定へ

 夏山登山シーズンを前に、中国地方最高峰の大山(標高1729メートル)を抱える鳥取県が、新型コロナウイルス感染予防策を盛り込んだ登山者向けのガイドラインを、大山が山開きする6月7日までに策定する。登山客のすれ違いをなるべく避けるため、登りと下りでルートを変えることを呼び掛け、感染リスクを避けながら登山を楽しんでもらう。

【詳しくは本紙紙面をご覧ください】

2020年5月25日 無断転載禁止