山陰の美女軍団、飲食店を応援 動画でメニュー紹介 

飲食店や料理の紹介動画をスマートフォンで撮影するモデルの夏凪志歩さん(右)=松江市伊勢宮町、アル ソーレ
 新型コロナウイルスの影響で苦境に立つ飲食店を応援しようと、山陰両県を中心に活動するモデル事務所・スタジオミューズ(松江市内中原町)の美女軍団が、動画投稿サイトのユーチューブなどで、飲食店が販売するテークアウトメニューの紹介を始めた。

 ミューズには大人から子どもまで男女23人が所属し、イベントや広告などで活動している。新型コロナの影響で仕事依頼が減って空いた時間を地域貢献に時間を充てようと、桑谷優子プロデューサー(34)が発案。ボランティアでモデルが飲食店を訪ね、スマートフォンを片手にメニューの紹介といった取材を行っている。企画には女性モデル20人が参加。ユーチューブにある「モデルスタジオミューズ」のチャンネルで4月下旬から投稿を始め、24日現在、計28店舗をそれぞれ1~2分の内容で紹介している。

 このうち、所属モデルの夏凪(なつなぎ)志歩さんはイタリア料理「アル ソーレ」(松江市伊勢宮町)でパスタソースを買って帰る様子を撮影。「これまで写真の仕事が多く、動画でどう見せるか考えるのは、とても参考になる」と笑顔で話した。同店オーナーシェフの小田川浩士さん(39)は「おしゃれなCMを見ているようだ」と集客効果に期待した。

 桑谷さんは「いつもは撮ってもらう側だが、自分で撮影することでモデル自身の勉強にもなる」と話し、今後も紹介店舗を増やしていくという。

 テークアウトの紹介動画はミューズのホームページや会員制交流サイト(SNS)のフェイスブック、インスタグラムでも公開している。

2020年5月25日 無断転載禁止