黒川検事長が辞職 森法相が進退伺、首相慰留

 記者会見で検察や行政の信頼を損ねたことに関して謝罪する森法相=22日午前、国会 東京高検の黒川弘務検事長

 政府は22日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言中に、新聞記者らと賭けマージャンをしていた東京高検の黒川弘務検事長(63)の辞職を閣議で承認した。天皇が裁可して正式に認められる。黒川氏は21日、訓告処分を受け、辞表を提出していた。後任は、名古屋高検の林真琴検事長(62)が有力となっている。

 森雅子法相は21日夜、安倍晋三首相に進退伺を提出。首相は「検察の損なわれた信頼を回復するために、引き続き職務に当たってもらいたい」と慰留した。

 森氏は22日の記者会見で「検察の立て直しをしなければならないという思いに至った」とし、辞任しない意向を示した。

共同通信社 2020年5月22日 無断転載禁止