3府県、休業要請の大部分終了へ 「クラスター」施設は継続

 大阪府の新型コロナウイルス対策本部会議後、記者会見する吉村洋文知事=21日夜、大阪府庁

 大阪、京都、兵庫3府県は21日、新型コロナの対策本部会議をそれぞれ開き、政府の緊急事態宣言解除を受け、ライブハウスやナイトクラブなどクラスター(感染者集団)が発生した施設を除く大部分の業種で特措法に基づく休業要請を終了すると決めた。飲食店に求めていた営業時間制限も解除する。23日午前0時から適用する。

 大阪府の吉村洋文知事は会議後の記者会見で「感染症を抑えながら社会経済活動を再開する。今後は必要な対策をとった上で外出してほしい」と述べた。テーマパークや大規模なパチンコ店、体育館など不特定多数の人が集まる施設は感染拡大防止策の実施を前提に要請対象から外す。

共同通信社 2020年5月21日 無断転載禁止