習近平主席らはマスク着用せず 中国、延期の政治協商会議が開幕

 中国人民政治協商会議の開幕式にマスクを着けずに出席する習近平国家主席(左)と李克強首相=21日、北京の人民大会堂(共同)

 【北京共同】新型コロナウイルス感染症の影響で延期されていた中国の国政助言機関、人民政治協商会議(政協)第13期全国委員会の第3回会議が21日、北京で開幕した。習近平国家主席ら共産党指導部メンバーはマスクを着けずに出席。感染症克服をアピールする狙いとみられる。

 約2千人の一般の委員らはマスクを着用した。冒頭で、新型ウイルスによる死者らを悼んで黙とうもした。

 共産党序列4位の汪洋政協主席が演説し、香港に適用している「一国二制度」を着実に推進するべきだと強調した。

 香港では反中国デモが何度も発生。汪氏は「暴力の制圧と秩序回復を後押しした」と評価した。

共同通信社 2020年5月21日 無断転載禁止