東京高検の黒川検事長、辞職へ 森法相「厳正に処分」

 東京高検の黒川弘務検事長

 賭けマージャン疑惑を報じられた東京高検の黒川弘務検事長(63)が法務省の調査に対し、事実関係を認め、辞職の意向を示した。法務・検察関係者が21日、明らかにした。森雅子法相は報道陣に「21日中に調査を終わらせ、夕方までに公表し、厳正な処分も発表したい」と述べた。

 今週発売の週刊文春は、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言下の今月、黒川氏が東京都内で新聞記者らと賭けマージャンをした疑いがあると報道。検察当局とは別に、法務省が本人から聞き取りを進め、官邸に随時報告しているという。

 政府は1月、法の解釈を変更し、閣議決定で黒川氏の定年を8月まで延長した。

共同通信社 2020年5月21日 無断転載禁止