検察定年法の成立目指すと菅氏 秋の臨時国会へ審議「進める」

 菅義偉官房長官

 菅義偉官房長官は20日の衆院内閣委員会で、今国会で成立を断念した検察官の定年を延長する検察庁法改正案について、秋に想定される臨時国会での成立を目指す考えを示した。廃案を求める野党側の追及に対し「成立に向けて(審議を)進めるのが政府の基本的な考え方だ」と強調した。

 改正案に対するネット上の抗議の声に関し「国民にさまざまな声があることは十分承知している」と語った。

 安倍政権に近いとされる黒川弘務東京高検検事長の人事に、官邸が介入したとの見方については「そんなことはない」と明確に否定。黒川氏の定年延長を巡る問題と、改正案の今国会成立断念は関係ないとも説明した。

共同通信社 2020年5月20日 無断転載禁止