世界経済、マイナス5%成長も 世銀総裁「途上国は深刻」

 世界銀行のマルパス総裁(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】世界銀行のマルパス総裁は19日の記者会見で、新型コロナウイルスによる悪影響で、2020年の世界経済の実質成長率が「マイナス5%になる可能性がある」と危機感を示した。「途上国への悪影響は深刻だ」と指摘し、支援拡充の必要性を強調した。

 マルパス氏は世銀による緊急支援の対象がアフリカなどの100カ国に達したことを明らかにした。「6千万人が極度の貧困に追い込まれる」と懸念を示し、景気悪化に苦しむ国々の医療態勢の強化などに取り組むと説明。1600億ドル(約17兆2千億円)の資金を供給できるようにするとした。

共同通信社 2020年5月20日 無断転載禁止