WHO、コロナ対応で独立検証へ 総会決議、中国も同調

 世界保健機関(WHO)の本部=18日、スイス・ジュネーブ(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)総会は19日、新型コロナウイルス感染症への対応について、独立した検証作業の実施などをWHOに求める決議案を採択した。日本や欧州連合(EU)などが提出した。中国も共同提案に加わったが、トランプ大統領がWHOからの脱退検討に言及した米国は名を連ねなかった。

 WHOは従来、感染症への対応が一段落した時点で、問題点や教訓などの検証作業を行っており、決議はこれら従来の枠組みの活用を含め「適切な早い時期」の検証を求めている。テドロス事務局長は19日の閉会前に「WHOは透明性を約束し、説明責任を果たし、改善を続ける」と述べた。

共同通信社 2020年5月19日 無断転載禁止