コロナ直撃、GDP年3・4%減 日本経済、低迷長期化避けられず

 記者会見する西村経済再生相=18日午前、東京都千代田区

 内閣府が18日発表した2020年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価変動を除く実質で前期比0・9%減、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は3・4%減となり、4年3カ月ぶりに2四半期連続のマイナス成長に陥った。新型コロナウイルスの感染拡大が消費や輸出などを軒並み下押しした。緊急事態宣言による外出自粛で、4~6月期は年率で20%超のマイナス成長になるとの民間予測もあり、日本経済の低迷長期化は避けられない見通しだ。

 政府は20年度第2次補正予算案を編成して追加経済対策を講じる方針。

共同通信社 2020年5月18日 無断転載禁止