最後の補給機、宇宙基地へ 成功率100%、後継に

 組み立て中の「こうのとり」9号機=3月、鹿児島県の種子島宇宙センター(JAXA提供)

 国際宇宙ステーションに物資を届ける宇宙航空研究開発機構(JAXA)の補給機「こうのとり」9号機が、21日午前2時半に鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられる。今回の任務が最後で2009年の初号機以降、8回の打ち上げで成功率は100%。国際貢献を続けた。21年度以降は開発中の後継機「HTV―X」と交代、将来の月や火星探査を見据えた新技術も試す。

 こうのとりは日本の主力ロケットH2Bで打ち上げられ、最大6トンの荷物をステーションに届けてきた。H2Bも今回の打ち上げで引退する。到着は25日の予定で、ステーションに食料品や科学実験装置などの物資を届ける。

共同通信社 2020年5月18日 無断転載禁止