西村氏警告、全国で「気の緩み」 特定警戒の都道府県も人出増

 記者会見する西村経済再生相=16日午後、東京都千代田区

 西村康稔経済再生担当相は16日の記者会見で、新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言を巡り、重点対策が必要な特定警戒都道府県で人出が増えているとして、全国的に「気の緩みがある。再び大きな流行になる」と警告した。一方、政府が14日に39県を対象に宣言を解除した判断は適切だとした。

 宣言が解除された39県だけでなく、八つの特定警戒都道府県でも経済活動が徐々に再開し、人出の増加につながったとみられる。西村氏は、14日夜時点の東京都や大阪府、札幌市の繁華街の人出が前日に比べ1~2割程度増えていると説明。「新規感染者が増えれば解除ができなくなる」と語った。

共同通信社 2020年5月16日 無断転載禁止