アベノマスクで市中の価格下落? 首相が成果強調も根拠見当たらず

 JR新大久保駅近くの商店街では店頭に大量のマスクが並ぶ=14日、東京都新宿区

 安倍晋三首相は、政府による全世帯への布マスク配布の“成果”として市中にマスクが出回るようになり「価格が下がってきた」との認識を表明、ツイッターなどでは「荒唐無稽」と懐疑的な声が相次いだ。検証してみたが、多様な経路でマスク輸入が増えた影響が大きく、布マスクが価格を押し下げたとの根拠は見当たらなかった。

 話題になったのは、今月6日に安倍首相がインターネット番組に出演した際の発言。東京では4月から布マスク配布が始まったが、不良品が多数見つかるなど「アベノマスク」とやゆされる結果に。税金の無駄遣いとの批判も強いことから、政策の正当性を強調したかったとみられる。

共同通信社 2020年5月16日 無断転載禁止