宮崎・えびの、300ミリ超の雨 24時間降水量、大気安定せず

 西日本に停滞する前線の影響で、16日は九州を中心に大雨になり、宮崎県えびの市で24時間降水量が300ミリを超えた。引き続き東京の伊豆諸島などで雷を伴った非常に激しい雨となる恐れがあり、気象庁は土砂災害、低地の浸水、河川の氾濫に警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、西日本から伊豆諸島付近に延びる前線や低気圧に向かって暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が非常に不安定になった。伊豆諸島では17日午後6時までの24時間で120ミリの雨量が予想される。

 16日の24時間降水量は鹿児島県伊佐市で240ミリをそれぞれ超えた。えびの市と伊佐市は5月の1位の値を更新した。

共同通信社 2020年5月16日 無断転載禁止