ワクチン開発は年内目標、米 軍民一体で計画推進

 ホワイトハウスで演説するトランプ大統領=15日、ワシントン(AP=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は15日、ホワイトハウスで記者会見し、新型コロナウイルスのワクチンについて専門家や製薬会社、軍を動員した開発計画を推進し「年末までに用意したい」と表明した。11月に大統領選を控え、経済活動の早期再開を促すため社会不安の解消を図る狙い。開発には通常1年以上かかるとされる中、専門家からは実現性を疑問視する声も上がる。

 計画名は「ワープスピード作戦」で、世界的なワクチン開発の実績を持つ大手製薬会社の元幹部を顧問に招いた。

 トランプ氏は原爆を開発した「マンハッタン計画」以来となる「歴史的、革新的で巨大な試みだ」とアピールした。

共同通信社 2020年5月16日 無断転載禁止