世界の感染者450万超す 新型コロナ、各地へ拡大

 新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルスの感染者が15日、世界全体で450万人を超えた。米国と西欧諸国の感染者が多い状態が続いてきたが、ロシアや南米、中東でも増加傾向が目立ってきており、世界各地への感染拡大は抑えられていない。死者は14日に30万人を超えた後も増え続けている。

 米国は1千万件超のウイルス検査を実施していることも反映し、感染者が143万人と世界最多。米国の次に感染者が多いのは、今月に入り急激に増加したロシアで26万人。英国、スペイン、イタリアのほか、南米のブラジルでも20万人を超えている。

共同通信社 2020年5月16日 無断転載禁止