勅使が本殿に御幣物 出雲大社で大祭礼始まる

唐櫃を担ぎ、本殿へ向かって境内を進む勅使一行=出雲市大社町杵築東、出雲大社
 出雲大社(島根県出雲市大社町杵築東)で14日、大祭礼が始まった。初日は勅使を迎えた例祭があり、天皇陛下からの御幣物(ごへいもつ)が国宝の本殿に供えられた。

 本殿で千家尊祐(たかまさ)宮司が祝詞を奏上した後、勅使の唐橋在倫掌典や神職の一行が、御幣物の五色の絹織物を収めた唐櫃(からびつ)を担いで境内を進み、本殿に運んだ。千家宮司が御幣物を神前に供えると、勅使が御祭文を奏上。巫女(みこ)舞もあった。

 例祭に先立ち、参道で的射祭が行われ、神職が的に矢を放って邪気を払った。

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、八足門内の参列者は神社総代をはじめ8人に限定。間隔を空け、マスクを着用して参列した。

 大祭礼は、15日の二之祭、16日の三之祭、出雲屋敷感謝大祭と続く。

2020年5月15日 無断転載禁止