IOC五輪延期で860億円拠出 バッハ会長、会見で表明

 オンライン形式のIOC理事会に出席したバッハ会長=14日、ローザンヌ(IOC提供・共同) IOCのバッハ会長

 【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は14日、非公開のオンライン形式で開かれた理事会後に電話会見し、新型コロナウイルスの感染拡大で史上初の1年延期となった東京五輪で最大8億ドル(約860億円)を新たに拠出する計画を決めたと明らかにした。

 延期に伴う追加費用のうち、注目が集まっている大会運営費に6億5千万ドル(約700億円)を負担し、国際競技連盟(IF)や各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)の支援に1億5千万ドル(約160億円)を充てる。追加経費は数千億円と見込まれており、日本側に大きな負担を強いる方針がより鮮明になった。

共同通信社 2020年5月15日 無断転載禁止